バックパネル・バックボード|記者会見・インタビューのオリジナル背面幕に大人気!バックパネルやバックボードの激安プリント制作お任せ下さい!

テーブルクロスのベストプライス バックパネル編

バックパネルの激安プリント制作お任せ下さい!

業務用に最適な品を激安・格安価格で提供中です!

通話料無料!携帯・PHSからでもOK 0120-8989-56 フリーダイヤル 受付時間:9:00~21:00(日・祝除く)
取引総数4万件! 販売総数30万枚!

大型背面ボードに最適!! バックパネル

バックパネルは展示会や合同説明会などのブース装飾だけでは無く記者会見やインタビューのスポンサーなどのロゴがプリント印刷された大型装飾ボードとして大活躍している人気ある販促グッズとなります。

定番の市松のチェック柄から写真などを用いた総柄デザインまで当店ではバックボードフレームの激安販売だけでなく印刷生地もセットで自信を持った通販専門店だからこその格安価格でバックパネルをお届け。

バックパネルの本体ラインナップ

下記は、特注バックパネルの本体フレームラインナップとなります。設置が楽々と言う事は共通なのですが各々、当店にて激安プリントした生地の取り付け方法などが変わってきます。そして、オリジナルサイズ展開やバックボード形状にも違いがございますので製作・ご購入の際にはご確認くださいませ。

イージーバックパネル

当店でも一番にお薦めさせて頂いているイージーバックパネル。3×3と3×4の2サイズ展開で記者会見会場などの背面ボード設置寸法に応じてお選び下さい。

マジックテープにてメディア設置する格安・激安バックパネルとなります。

イージーバックパネルの本体仕様
パネルフレーム本体
3×3

w2,265×d295×h2,265(mm)

パネルフレーム本体
3×4

w3,005×d295×h2,265(mm)

ニューイージーバックパネル

ストレート型だけでは無くカーブ型のラインナップがあるニューイージーバックパネル。プリントした生地に対してマグネットを貼りフレームに装着するタイプとなります。サイド部分の美しい湾曲に格安生地の装着が可能なのも特徴です。

ニューイージーバックパネルの本体仕様
パネルフレーム本体
3×3ストレート型

w2,210×d350×h2,238(mm)

3×4ストレート型

w2,938×d350×h2,238(mm)

パネルフレーム本体
3×3カーブ型

w2,022×d658×h2,238(mm)

3×4カーブ型

w2,696×d933×h2,238(mm)

  • お見積りフォーム
  • お問い合わせフォーム

バックパネルの組み立て方法について

記者会見もしくはイベント会場のインタビューブースは長時間設置と言うより設置・撤去が多いご使用用途となります。その為、バックパネルをオリジナル作成される場合には楽々に組立が出来ると言う事が必要スペックとなります。当店にてラインナップさせて頂いている特注バックボードは簡単設営が可能な仕様となっております。下記にて解説をさせて頂いておりますのでご確認下さいませ。

イージーバックパネルの組立について

マジックテープ取付け

上記イメージ画像のようにお客様が作成したオリジナルデザインを格安プリントしたバックパネル生地に対して周囲にマジックテープを縫製してメディアを制作させて頂きます。

広げ終わった記者会見パネルに対して特注製作した生地を貼り付ける形にて設営を行います。

尚、床面がカーペットの場合にはバックパネルフレームのマジックテープなど貼り付かないようご注意ください。

もっと詳しく組立方法を知りたい方はこちら

ニューイージーバックパネルの組立について

マグネット取付け

ニューイージーバックパネルは、左図のように広げたフレームに対してマジックテープでは無くマグネットを取付けたオリジナルのプリント生地を取付ける形となります。

そして、大きな生地では無く複数枚縦長のメディアをバックボード本体に貼り付ける形にて設置を行います。もちろん作成・ご入稿デザインのずれが無いように精巧且つ激安印刷を行いメディアも制作販売させて頂いております。

もっと詳しく組立方法を知りたい方はこちら

バックボードのプリント生地について

下記の印刷生地にてオリジナルバックパネルに取り付けるメディアもフレーム同様、激安価格にて印刷製作いたしております。

経験と実績により推奨させて頂いているインタビューボード生地となりますが、もしご指定の生地がある場合には対応が可能となりますのでその際はお気軽に特注バックパネル専門スタッフまでお申し出下さいませ。

イージーバックパネルの推奨メディアについて

トロマット

テーブルクロスのオリジナル作成の際に使用される定番生地となる厚手の化学繊維素材になります。トロマット軽量感もあり折り畳める事からイージーバックパネルのメディアとして当店ではお薦めさせて頂いている激安生地となります。

イージーバックパネルのメディアについてはこちら

ニューイージーバックパネルの推奨メディアについて

遮光PET

ニューイージーバックパネルの推奨メディアとして当店では遮光PETとさせて頂いております。一般的に使用されるユポ紙と比べマットな質感が記者会見など照明が照らされる場所でデザインが反射にしくく見やすいと言ったメリットがございます。

ニューイージーバックパネルのメディアについてはこちら

下記のような制作も当店では大歓迎です!

例えばこんな時

バックパネルフレームは1台 メディアは複数枚欲しい

バックボードのフレームは1台でメディアはイベントで使い分けたいので複数枚プリント作成をと言った要望にも当店では激安制作で対応可能です!

バックボードは持っているので幕だけが欲しい

現在お持ちのバックボードの仕様や規格・メディアのサイズそして仕立てなどが分かりましたら、当店にてオリジナル幕の印刷は可能となります。

大型背面幕が欲しい

バックパネルのフレームは不要なのですが横幅数メートルの大型バックボードとしての幕だけが欲しいのですがと言った依頼でも格安作成が可能です!

  • お見積りフォーム
  • お問い合わせフォーム
ページのトップへ
  • テーブルクロスのベストプライス
  • 〒101-0048
    東京都千代田区神田司町2-6-5 日宣神田第2ビル3階
    TEL:03-6262-9591/FAX:03-6262-9592
    MAIL:info@table-cloth.biz

Copyright(c) 2013 テーブルクロスのベストプライス All Rights Reserved.